コンデンスリッチ豊胸を受けてみました

Aカップ未満の胸に強烈なコンプレックス

Aカップ未満の胸に強烈なコンプレックス費用の全額は100万円を超えました涙が出るほど嬉しい出来栄えだった

中学生くらいの頃に、周りの同級生達がどんどん発育が良くなっていくにも関わらず私だけ小学生の頃と体型が変わらないことが不思議でした。
高校生になっても寸胴体型のままで、特に胸の成長が一切起こらないことに強い疑問を持っていたことを記憶しています。
成人してからも周囲に比べて私の身体は明らかに貧相であり、胸もAカップ未満の状態が続いていました。
そんな胸の小ささが、たとえ周囲に同性しか居なくても人前で下着姿や水着姿になれない、新しい下着を買いに行くのが恥ずかしいなどといった強烈なコンプレックスと化していたのです。
友達からはそんなに気にする必要は無い、個人差なのだから仕方が無いと慰められましたが、これから先の人生の中でずっと胸にコンプレックスを抱えたまま生きていくのはうんざりだといった気持ちから、思い切って豊胸手術を受けることにしました。
親から貰った身体なので一応母親にも相談しましたが、私の意志に根負けしたのか手術自体の許可は出したもらえました。
ただ格安で手術を行うクリニックではなく、万が一の保障が充実した安全なところで手を加えてもらうことといった条件も出されてしまいました。
今振り返ると母は私の身体のことを本当に心配くれていたのでしょう。

コンデンスリッチ豊胸とシリコンバッグ抜去〜お腹と腰から脂肪採取〜 https://t.co/72B289R6uB

— チラ見せガールズ (@chiramise_girls) 2017年12月21日